浪潮のアウトソーシングモデルが「クラウド」型に転換——浪潮世科は「2011クラウドコンピューティングと国際アウトソーシングフォーラム」で素晴らしいスピーチを発表
  Home Contact Language
 
Home >> News >>

浪潮のアウトソーシングモデルが「クラウド」型に転換
——浪潮世科は「2011クラウドコンピューティングと国際アウトソーシングフォーラム」で素晴らしいスピーチを発表

   先日、浪潮世科の高級副総裁Joe Jinは「2011クラウドコンピューティングと国際アウトソーシングフォーラム」への出席を要請され、その場でスピーチを発表し、浪潮のクラウドコンピューティングについての戦略と方針及びアウトソーシング業務でのクラウドコンピューティングの実践を紹介し、出席された専門家、学者及び国内外のお客さまの注目を集めました。

    「2011クラウドコンピューティングと国際アウトソーシングフォーラム」は商務部中国国際投資促進会が主催し、行われました。全国各地の大学、科学研究機関、企業、事業単位及び政府機関よりの専門家、学者と政府役人が一同に集まって、クラウドコンピューティングと国際アウトソーシングの発展方向、クラウドコンピューティングのコア・テクニック、クラウドコンピューティング時代のソフトウェアアウトソーシング業務及びITサービス業務の発展上の挑戦とチャンスについて、ディスカッションを行いました。

    フォーラムで、Joeは、現時点における浪潮のクラウドコンピューティングの戦略、模索及び得られた成果を紹介しました。また、Joeは「クラウドコンピューティングのグロバール化と急速な発展にしたがって、アウトソーシング業務も早いうちにクラウドコンピューティング時代に突入し、著しくクラウドコンピューティングの影響を受けます。素早くアウトソーシングモデルチェンジを行い、クラウドコンピューティング時代に適する新しいアウトソーシングモデルを構築することがアウトソーシング業務と企業発展の課題となっています。」という意見を述べ、出席者全員の賛同を得ました。そして、特に浪潮の国内で独特なハードウェアとソフトウェアを一体化したフレームワークの優位とITメンテナンス面での優位がお客様の高い注目を集めました。

    クラウドコンピューティングの発展に伴うアウトソーシング業務にもたらす大きなチャンスと挑戦に直面して、アウトソーシングプロバイダーは相応する業務タイプへの転換を迫られています。浪潮のアウトソーシング産業は浪潮のクラウドコンピューティング戦略の実施に追い付いて、クラウドコンピューティングによる業務チャンスを摑んで、積極的に模索しながら業務モデルを転換、革新することで、浪潮が全体的なクラウドコンピューティングソリューションプロバイダーとなるように支援しています。

 
[ Close ]
COPYRIGHT © 2003 - 2008 Inspur Worldwide Services Ltd .All Rights Reserved.